中年はノネナールが合成されやすくなるため加齢臭が強くなる

中年はノネナールが合成されやすくなるため加齢臭が強くなる

周囲の人に不快な思いをさせないために常に体臭対策を徹底しておきたいところですが、いくら臭いに気を遣っていても、40歳を過ぎて中年と呼ばれる年齢に差し掛かったあたりから急に体臭が悪化したと感じる方が少なくありません。特に男性は40代になると体臭が強くなったと感じるという方が多いですが、これはいわゆる「加齢臭」が原因と考えられます。

 

加齢臭は「ノネナール」という物質が原因となって発生しますが、中年になると加齢臭が何故強くなるかというと、男性ホルモンの分泌量の減少が顕著になり、その結果としてノネナールが合成されやすくなるためです。
ノネナールは、毛穴の皮脂腺から分泌された皮脂の一部が活性酸素の働きによって過酸化脂質に変化し、過酸化脂質が皮脂に含まれる脂肪酸と結びつくことによってつくられます。

 

一方、男性ホルモンは男らしさつくるホルモンの総称で、筋肉の増強を助けたり、性欲を高めて生殖器官を活発にしたりするなど、男性の活力維持のために重要な働きをしています。このホルモンの分泌量は男性は20代をピークに徐々に減少していき、40歳を過ぎる頃にはピーク時の50%以下となってしまいます。男性ホルモンは細胞の代謝を活発にする働きも担っており、40代になると細胞の代謝が衰えるため、体のさまざまな機能に悪影響が生じます。

 

通常、活性酸素は体内でつくられる酵素(SOD酵素)の働きによって除去されるため、活性酸素の増加はある程度抑制されています。
ところが、40代になると男性ホルモンの減少の影響で細胞の代謝が衰えるため、体内でSOD酵素の分泌量が減少してしまいます。すると体内の活性酸素が増加して過酸化脂質をたくさんつくるため、ノネナールが生成される量も増えてしまいます。

 

つまり、中年になると体臭がきつくなったように感じるのは男性ホルモンの減少によって活性酸素が増加し、その結果として加齢臭の原因であるノネナールが増加するためなのです。

 

このように中年になると加齢臭が悪化してしまうのは、加齢による男性ホルモンの減少によって活性酸素が増加しやすくなるためなので、40歳以降の体臭対策では活性酸素を増やさないようにすることが重要といえます。

 

特に男性で気をつけたいのは喫煙です。喫煙は体内の活性酸素を増加させるだけでなく、ビタミンCのような抗酸化ビタミンの消費を増やすため、喫煙者の方はできるだけ早めに禁煙しましょう。

 

また、過度なストレスが続くと人間の体内では大量の活性酸素がつくられるので、ストレスは加齢臭がひどくなる大きな原因になります。仕事が忙しいとどうしてもストレスを発散できずに溜め込んでしまいがちですが、お気に入りの音楽を聴きながらお風呂にゆっくり入浴したり、気分を落ち着かせる効果のあるハーブティーを飲んだりするなど、自分なりに日常生活の中で無理なく取り入られるリラックス法を見つけて実践していくことが大切です。

 

なお、活性酸素対策ではビタミンCやビタミンEのような抗酸化ビタミンが豊富な緑黄色野菜や果物を摂取するのも有効なので、体臭にお悩みの方は積極的に食べることをお勧めします。